レザークラフトという手づくりの温もり

You are here :

  • ホーム

らしの中に革があるとなんかいい。
革の匂いとか肌触りとか、どこか懐かしくて温かい。

かつては革は生活の必需品だった。
でも、いまでは、革はなくても暮らしていける。
ただ、革のない暮らしはきっと寂しい。
無機質になりがちな現代の暮らしの中に温かみを加えてくれるもの、その一つが革なのだと思うから。

革は、共に時を重ねれば、その表情を次第に変え、深みを増していく。
まるで人が人間としての深みを増すように。
私はお気に入りの革製品と、その変化を楽しみながら、時を重ねたいと思う。

革のある暮らし、そこには少し他よりも温かい時間が刻まれているかもしれない。

New posts新着記事


情報提供ボタン

Please send information about leather craft !

【革のある暮らし】では、あなたの革やレザークラフトに関する情報(ごひいきの店舗情報など)を募集しています。
「わが町にはこんな素敵な革工房がある」「私がレザークラフトを習っている先生が素敵」などいろいろな情報をお寄せください。
あなたの情報、こころよりお待ちしております!

Facebook Page

Partner


↑トップ